自分の資産を守るための投資

投資で資産運用を

利回り

株式投資で高利回りの資産運用を

バブルの時代のころと違い、現在は銀行に預金をしても受け取ることができる利子の額は微々たるもので、日本銀行がインフレを目指してることを考えると資産が目張りしてしまうリスクがあります。そのため、資産運用をすることで自分の資産を守る必要があります。具体的には、株式投資を行うことが考えられます。一般に、株式の配当利回りは2%から3%程度のものが多く、高いものでは4%を超えるものすらあります。こういった高利回りのものに投資することで、、2%のインフレが起こったとしても資産は目減りせず、資産を守ることができます。

株式の配当利回りについて

投資家が株価に対して配当金の割合を示した配当利回りで注意することは配当の支払われ方が企業によって異なることです。一般的なのは前期と後期の1年に2回、全期のみの1年に1回、まれに四半期毎の1年に4回という企業もあります。配当の支払いが全期であれば、投資家は期末の権利確定日に株を保有していれば1年分の配当を得ることができますが、前期と後期に分かれていれば、期末の権利確定日だけでは半期分しか配当を得ることができません。そのため、期末が同じ月の企業の場合は配当利回りだけでなく支払い方法も確認したほうがよいといえます。

↑PAGE TOP